朗读者

朗读者·孝女イト

作者:日语美文 / 关注公众号:nihonstudy  发布:2019-06-02

孝女イト
2019年05月11日 土曜日
朗读者:あや
原文
孝女こうじょいと
むかしむかし、早瀬はやせに、イトいとという心こころのやさしい女おんなの人ひとがいました。
家いえはとても貧まずしくて、夫おっとも漁りょうに出でて留守るすがちだったので、イトいとが魚さかなを売うり歩あるいて姑しゅうとめと子こどもを養やしなっていました。
 あるとき、イトいとが魚さかなを売うり終おえて帰かえってみると、家いえの中一面なかいちめんにわらが散ちらかっています。
「なんだろう、これは?」
不思議ふしぎに思おもって、子こどもにたずねると、
「うん。おばあちゃんと一緒いっしょに遊あそんだんだよ」
と、答こたえます。
年老としおいた姑しゅうとめは、聞きき分わけのない子こどもと同おなじなのでした。
 でもイトいとは、怒おこるどころか、
「まあ、それは楽たのしそうね」
と、自分じぶんもわらをまいて遊あそんだので、姑しゅうとめはとても喜よろこびました。
 またある年としの冬ふゆ、姑しゅうとめは急きゅうに季節きせつはずれのなすびの吸すい物ものが食たべたいと言いいだしました。
 そこでイトいとが、近ちかくの寺てらでもらったなすびのぬかづけを川かわで洗あらっていると、みるみるうちに鮮あざやかな紫むらさきの生なまのなすびになったので、それで吸すい物ものを作つくる事ことができました。
その次つぎの年としの冬ふゆ、今度こんどは嵐あらしで漁りょうができない時ときに、姑しゅうとめは魚さかなを食たべたいとだだをこねました。
イトいとが何なんとかしようと魚さかなを探さがし歩あるいていると、一羽いちはねのトビとびが飛とんできて、大おおきな生いきた魚さかなを落おとしていきました。
 もちろんイトいとは喜よろこんでその魚さかなを拾ひろい、姑しゅうとめに食たべさせました。
きっと、イトいとの姑しゅうとめを思おもう気持きもちが、天てんに届とどいたのでしょうね。
译文
孝女伊户
很久很久以前,在早濑,有个心地善良的女人叫伊户。
因为家非常贫穷,丈夫也出去捕鱼经常不在家,伊户边卖鱼边赡养着婆婆和孩子゜。
有一次,伊户卖完鱼回家,看到家里到处都散乱着稻草。
“这是怎么回事?”
觉得不可思议,问了下孩子,
“嗯。我和奶奶一起玩了”孩子这样回答。
年老的婆婆和不听话的孩子一样。
但是伊户,不但没有生气,
“嘛,这看起来很有趣呢。”自己也撒稻草玩了,婆婆非常高兴。
有一年冬天,婆婆突然说想吃不合时令的茄子汤。
于是伊特就把附近寺庙拿来的茄子糠菜拿到河里洗,眼看着它变成了鲜艳的紫色茄子,用它做了汤。
第二年的冬天,这次因为暴风雨不能捕鱼的时候,婆婆撒娇说想吃鱼。
伊户为了想办法找鱼在路上走着,飞来了一只老鹰,扔下了一条很大的活鱼。
伊户当然很高兴地捡起那条鱼,让婆婆吃了。
一定是伊户为婆婆着想的心情,传达给了上天吧。
◆文本出自问题:
本栏目所有文本均来自爱好者投稿,如果不小心使用了他人的原创文本,欢迎留言。[注:改编、翻译、注释、整理他人已有创作或公共素材而产生的作品均不能说是原创。]
◆解决办法[二选一]:
①置顶带有出自信息的留言。
②删掉推文。
愿你成为热爱朗读的人
岁月静好,灿烂绽放
也愿你被这个世界温柔以待
愿人与人之间不再冷漠
愿你的心儿不再流浪
小编:文酱
长按二维码定位朗读者
我们一直在努力
谢谢您长久以来的支持与转发投稿窗口
官方打杂微信号:
小妖
←扫二维码加微信好友
诚邀入日语朗读微信群


本文作者 :日语美文

关注Ta的微信公众号获取更多图文精彩内容...